1. >
  2. >
  3. フィリピンの挨拶まとめ

フィリピンの挨拶まとめ

島々

フィリピンの挨拶をマスターしよう

フィリピンには数多くの島があります。
日本も北海道や本州など、島に分かれていると言えますが、フィリピンではもっとその分かれている数が細かくなっており、何と7000以上の島があると言われています。
他の国と比べてもこの数は非常に大きな数となっており、フィリピンの特徴の一つとなっています。

こうした島々に分かれているとその島ごとで独自の言語が発達します。
日本でも沖縄などでは独自の言語が発達したりしていますが、それと同じようにフィリピンでも島それぞれで使われている言語が異なっており、何と120以上の言語が存在していると言われています。
フィリピンでは英語の教育体制が整えられているので島をまたいでのコミュニケーションは英語で取れるようになっており、島が異なる方でもコミュニケーションを取れるようになっていますが、島ごとの言語に注目してみるのもお勧めです。

それらの言語をマスターする必要はありませんが、挨拶などをマスターしておくと、その島に入ったときの現地の方に挨拶する際に役立ってくれます。
日本でも外国人の方が挨拶してくれると微笑ましくなったり、嬉しくなるのと同様に、フィリピンの島々の方もその言語で挨拶をしてくれると嬉しいものです。
ですので、これからフィリピンに向かおうと検討している方はその島の挨拶を覚えておくと良いでしょう。

挨拶のフレーズのまとめ

挨拶の例にはMagandang araw、Magandang hapon、Naintindihan koなどがあります。
他にも数多くのフレーズがあり、全てはご紹介できませんが、インターネットでまとめられたサイトなどもあるので、そうしたサイトを活用すると効率良くマスターする事ができます。
最初は慣れないフレーズなので覚えられないかもしれませんが、繰り返し口に出していると覚える事ができるので、頑張って覚えてみましょう。

どうしても覚えられないという方は紙に書いてみるのもお勧めです。
紙に書くとよりじっくりと一つ一つのフレーズに意識を向ける事ができるので覚えやすくなります。
各回数は人によって異なるので、覚えられると思う回数を繰り返し書いていきましょう。
また、発音も合わせてしながら書くようにすると会話の時に使いやすくなるので、発音もマスターしておきましょう。
発音の仕方もまとめのサイトなどに掲載されている事が多いです。
ぜひ活用してみてくださいね。

あなたの訪れる島をリストアップしておく

必要な挨拶のフレーズを覚えるためにはまずはあなたの行く島をリストアップしておく事が大切です。
それに合わせて必要なフレーズを覚えるようにすると、無駄なく挨拶をマスターする事ができます。


Comments are closed